アルター「ビビッドレッド・オペレーション 一色あかね」レビュー

タイヤキジェット(@JetTaiyaki_920)です。

タイヤキジェット
今回の記事は、2014年にアルターから発売された、「ビビッドレッド・オペレーション 一色あかね」のレビューになります。
メーカーアルター
価格8,200円+税
原型師みさいる
原型協力:アルター
彩色:鉄森 七方
仕様1/8 スケール
全高:【あかね】約140mm(台座含む)
【一色博士】約30mm
商品名『ビビッドレッド・オペレーション 一色あかね』
発売日2014年7月発売
タイヤキジェット
何故今(202012)になってビビオペなのか、という点については、僕が好きだから!という話です。

今回は天下のアルターからリリースされた「一色あかね」ちゃんをレビューしていきます。シンプルにブルマ!ジャージ!という、学校・家であかねちゃんがよく着ているデザインの服になっています。シンプル・イズ・ベスト。故に造形が試される一品です。

 

全景

フィギュアにしては珍しい膝立ちという造形。左手の置き方が可愛らしさを出している気がして好き。

顔の造形に関しては文句のつけようがなく、流石アルターといったところ。

パレットスーツ同様、赤白肌色!というビビッドな配色になっており、特に肌色の眩しさに目を惹かれます。

また、頭でっかちになるようなこともなく、胴体と頭のバランスも非常によく、ツインテも可愛い。違和感のない仕上がりになっています。流石アルター。

 

クローズアップ

タイヤキジェット
ま、ともあれ、ビビオペなので、ですね。

今回のアルターフィギュアは、特に尻の描写に全力を注ぎつつ可愛らしさも損なわないという、数多くあるあかねちゃんフィギュアの中でもオススメの一品に仕上がっているように思えます。理由は尻です。なんですかこの肉感は。

そりゃお前、ブルマ、国から規制されるわ……(???)なハミケツぶりです。尻アニメとしても有名なビビオペの代名詞を完全表現。アルターGJ。

あまりにもエッチ(語彙力)

閉じ気味な脚から見える股にも情熱を感じます。股監督も納得のクオリティではないでしょうか(なんだそれは

横から見てもわかる、この尻の質感とふっくらなライン。柔らかさを想像させる脚線美。アルター、ほんまにいい仕事してくれてると思います。

 

フリーショット

あかねちゃん、普通に可愛いので、天真爛漫というか……無邪気さが出ている表情が良い。

 

小物

もちろんお顔も可愛いあかねちゃんですが、アルターと言えば小物描写に定評がありますよね。

ジャージのチャック、銀メッキを感じさせるツヤのある塗装が施されています。

チャックって交互に噛み合っているんですが、フィギュアでもそれを再現した原型に、上から塗りを施してあります。仕事が細かい……!

ジャージのもこもこ、ふわっとした質感を感じられる腕

尻だけではなく、ジャージのシワもしっかり描写してあります。

靴にもこだわって作ってありますね。あかねちゃんの靴、デザインが好きなので、嬉しかったです。

 

台座

小物として、台座がついてきます。これは一色研究所(あかねちゃんの家・兼おじいちゃんの研究所)の看板になっています。

おじいちゃんの看板がついてくるということは………

もちろん、おじいちゃんこと一色健次郎博士も付いてきます。

淫獣ことおじいちゃん…………こんなえちえちフィギュアに付属するなんて…………

 

孫よ、すっかり成長しおって……。

ま、こうして遊ぶ意外の用途はないですね!w

 

おしまい。

あかねちゃんが可愛くて、えちえちで、しかし健康的。とてもビビオペらしいフィギュアに仕上がっていたと思います。アルターさん、素晴らしい仕事をありがとうございました!

タイヤキジェット
以上、「ビビッドレッド・オペレーション 一色あかね」のレビューでした!