アクアマリン「ビビッドレッド・オペレーション 一色あかね イグニッションver.」レビュー

タイヤキジェット(@JetTaiyaki_920)です。

タイヤキジェット
今回の記事は、2014年にアクアマリンから発売された、「ビビッドレッド・オペレーション 一色あかね イグニッションver.」のレビューになります。

 

メーカーアクアマリン
価格11,880円(税込)
原型師グリズリーパンダ
仕様1/8スケール、PVC塗装済み完成品
商品名『ビビッドレッド・オペレーション 一色あかね イグニッションver.』
発売日2014年6月末発売予定

倒産しちゃったアクアマリン、グッスマが引き継いで運営してたんですね。この記事書くのにアクアマリンのHPに行って、ビックリしたよ。

さてこのフィギュアはTVアニメ「ビビッドレッド・オペレーション」のヒロイン、一色あかねちゃんの「ヒロインの変身中」をフィギュア化という、コンセプトとして面白いフィギュア。

大きなネイキッドラング・クリアパーツで再現されたエネルギー粒子・ビビッドなカラーリングのパレットスーツ・変身中を意識させる『ひらみ』の造形・脇・尻と、見どころ満載のフィギュアに仕上がっています。

 

まずは全身。カッコいい感じの撮りたかったので背景選択は黒。変身中を切り取っているので、躍動感がありますね。

可愛い女の子 × 大きい武器は、ミスマッチから構成される萌えの基本ですね。示現エネルギーの粒子や前掛け・スカートの『ひらみ』により立体感があるのが、いい感じです。

「変身中」ということは、これからアローンとの戦いがあるわけですし、あかねちゃんの表情も真剣なものになっています。そしてざっくり切り込まれた。絶対造形師のグリズリーパンダ氏の趣味でしょう。魂を感じます。イイネ!

 

台座は魔法陣っぽくなっています。

 

タイヤキジェット
ま、ともあれ、ビビオペなので、ですね。

まずはを横から見ていきます。ピチピチの足に食い込むように描かれた股が良い。スカートの『ひらみ』も良い仕事をしています。

あかねちゃんのパレットスーツは、全体的に赤白が基調なので、股だけパンツっぽいエロスを感じることはなく、違和感が仕事をしない不思議なところがあります。あまりスケベな気持ちにはなりません。股監督マジックだ。

 

あかねちゃんの、健康そうなお尻。

 

力強いお尻。ボリューミーというより、健脚的な印象を与えるタイプのお尻ですね。フィッティングがバッチリぴっちり。

 

お尻もいいですが、ウリはやっぱりクリアパーツで作られた示現エネルギーの粒子ではないかと思います。光の当て具合で色が変わる、というのは撮影していて、とても面白かったです。

タイヤキジェット
クリアパーツは男の子のロマンって感じがします。カッコいいよね。

ドデカいネイキッドラングさん。キャストオフ不可。ネイキッドラングを始め、フィギュアの数カ所に示現エネルギー粒子のクリアパーツが接着されています。

 

めちゃくちゃ大きいんですが、不思議と違和感がないのは、造形の賜物だと思います。

 

また、カッコいいと可愛いが両立したフィギュアなので、ライトの当て方で印象が結構変わります。上はマットな感じに撮ってみたのですが

ちょっと渋めに、暗い感じにしてもいいかな、と思いますし

半逆光でハイキーな感じにして、示現エネルギー粒子のクリアパーツを際立たせるのも、いいですね。

 

イメージショット

せっかくなのでイメージショットも撮っていきましょう。

タイヤキジェット
ビビオペと言えばOPで点滅するこれ!と思って背景に利用してみました。

青のクリアパーツですが、背景の赤に着色されて、クリアパーツも赤くなりました。ところどころ青いのは、しなりのある直角部分ですね。エネルギー粒子というのはグラデーションであることが多いので、デジタルエフェクトっぽくなって、良い感じ。背景も相まって、ネイキッドラングの浮遊感が強調されている気がします。

ビビオペの変身シーン前に差し込まれるエフェクトを背景に撮ってみました。ビビオペっぽくて気に入ってます。

タイヤキジェット
せっかくなら、赤・青・黄・緑・黒、全部入れたいよね。ってことで構図を変えてもう1ショット。わかばカラーの緑、ちょっとしか入らずゴメン…(;´∀`)

 

おしまい

タイヤキジェット
以上、「ビビッドレッド・オペレーション 一色あかね イグニッションver.」のレビューでした!フィギュア撮影って難しいですね……精進します。