月と星の写真を一緒に撮りたいと思ったので比較明合成してみた。

タイヤキジェット(@JetTaiyaki_920)です。

アイカツ! OP5 Du-Du-Wa DO IT!!

タイヤキジェット
こういう、星空と月が共存しているような写真、撮りたいなぁと思ったんです。

しかしながら、星を撮ったことのある人なら分かると思うんですが、現実問題、これだけ大きな月を写しながら星を写すのは無理ではないかなと思います。

だって、月明かりで星が消えちゃうから。

こうなっちゃうよね……。

とはいえ、どうにか出来ないものかなと……

どうやったら再現できるのかなと考えてみたところ、比較明合成を使えば、意外となんとかなるのでは???と思ったので、実際にやってみました。

 

月の画像と、星の画像を用意して、合体させよう。

例えば、これは8月に撮影した満月。月以外の背景が真っ暗なので、比較明合成してあげることで、月だけを合成することが出来ます。

例えば、これは1月に撮影した星空。星の量も大きさも、いい感じなので、トリミングして背景に使うことにしました。

これらの画像を

アイカツ! OP5 Du-Du-Wa DO IT!!

この画像に近い形で、トリミングしたり、位置を調整して比較明合成してみました。

トリミングした星空

トリミングした月

比較明合成

ででーん。

タイヤキジェット
合体は出来ました。が、月がくっきりとしすぎてしまっているので、合成した感がアレ。

なので、ちょっと加工でなじませてあげましょう。

タイヤキジェット
思ったより、ぽくなったのではないでしょうか。

月明かりを出したかったので、明瞭度を下げました。

星の印象も少しぼやっとしたものになりますが写真の主体は月なので、まぁ良いでしょう……ということにします。

タイヤキジェット
…………ぽくなった気がする!

うんうん、これもまた、アイカツだね。今回はお試しでやってみたという感じなので、一旦これで終了とします。

本当は月もソフトフィルターを付けて撮ると、月と、月光だけがふんわりして、良いんだと思います。満月の折にでもやってみたいところです。

 

使ったもの

備忘録がてら、置いておきます。

レンズ

星空を撮る用の、超広角レンズ。

月を撮る用の、超望遠レンズ。

 

レンズフィルター

星を十字にするクロスフィルター

星をにじませる効果が得られるソフトフィルター。月光にも効果的……な予感。

 

おしまい。

並べてみると周辺減光が気になったりしますね……まぁいいか。

フィクションからアイデアを貰って、寄せてみる。ってのも、撮った写真が活かせて楽しかったですヾ(*´∀`*)ノ