2020年 アニラジメール投稿 振り返り

タイヤキジェット(@JetTaiyaki_920)です。

タイヤキジェット
2020年からアニラジにメールを送り始めたので、1年を振り返ってみようと思います。

コロナ禍で推しのイベントに行けないという、最悪すぎる2020年でしたが、そんな最中に僕が採った手段が「ラジオにメールを送る」でした。番組終わったりするのも悲しいし、物理的に離れてしまった推しと気持ちの交流を持つには、これしかないと思ったのです。もちろんメール読まれたいという気持ちが9割ですが、自分の推しへの気持ちを切らさないためにも、有益な行為だったように思えます。

 

2020年、送ったメールの総数は28通でした。

えっと、おそらく……28通でした。番組によっては、フォームからの投稿であったりするので、ログが残っていないこともあり……記憶が頼りの部分もあります。。

2020年の内訳と、採用率はこんな感じです。

 

2020年タイヤキジェットのアニラジメール活動

・堀江由衣の天使のたまご:4/14通

・堀江由衣×浅野真澄の #とれとれ:0/1通

・内田彩のうちださんのおうっちー:2/6通

・水瀬いのり MELODY FLAG:0/3通

・加隈亜衣と種﨑敦美 ちかっぱしんけん!:1/1通

・アズレンすて~しょん:1/1通

・アズレン2020年末生放送:0/1通

・ワールドウィッチーズミュージックフェスタ2020(配信ライブ):1/1通

 

打率、3割。

9/28なので、採用率は3割程度みたいです。高いのか低いのかわからない。。。1年間メールを書きましたが、読まれるメールなんて……はっきり言って、全然分かりませんね。一番読まれたい「堀江由衣の天使のたまご」でなかなか読まれないので、日々未熟を感じております。未熟未熟未熟千万です。

タイヤキジェット
1年前と比べると「巧い」って思うメールの種類が増えたので、経験値は溜まっている……と思いたいですね(; ・`д・´)

メール書くようになったら分かるんですけど、メール採用って椅子取りゲームなんですよね。放送ごとに数枠しかない部分を取り合う。そこに百戦錬磨の常連も含まれるので、レート補正がないランクマッチみたいな感じです。

よくメールが読まれる人たちを「番組スタッフの仕込み」と言われることがありますが、よく読まれる人たちは単純に「巧い」んだよなぁ。ってのを身を以て実感します。メールの内容もそうですが、タイミングもそうですね。収録タイミングとか。でも多分、裏では僕みたいにボツメールもたくさんあって。回転率と言うか、送ってるメールの総数が違うんだろうな。とも思ったりしました。

少なくともこの視野は1年前では持ち得なかったので、成長と言ってもいいかもしれません。

 

ちなみに、初めて読まれたメールは「加隈亜衣と種﨑敦美 ちかっぱしんけん!」でした。

確か文化放送からニコニコに移動したあたりで、リスナーとしてはフェードアウトしてしまったのですが

まだ番組は続いているみたいだし、また聴こうかな…(*´∀`*)

 

メールが読まれると嬉しいので、2021年も送っていこうと思います。

1年間メールを送る活動をして思いましたが、やはり読まれると、めちゃくちゃ嬉しいんですよね。

もちろん読まれないとめちゃくちゃ虚しいんですけど。同じネタで競り負けたり、メールの時系列から

タイヤキジェット
「あの時期に送ったメールはボツになったんだな……」

みたいなサイレントお祈り(ボツ)を察したり、ふつおたのコーナーが終わる度に「今週も読まれなかったな……」って寂寥感に駆られたりも!するんですけど!!

それでもやっぱり、読まれたときの嬉しさ、高揚感は、たまらないです。メールをきっかけにトークが盛り上がってくれたら、なお嬉しいですね。

 

向こうからすると大量にいるリスナーの一人でしょうから、名前も覚えてないと思いますが、

読まれてる瞬間は、自分が書いたメールで、推しに応援の気持ちが届けられている気がするのです。

こんなご時世だからこそ、好き!ありがとう!みたいな言葉は、なかなか届けられないですし(ファンレター送る機会も減ったよね。。。僕も今年は現場のプレボに入れられないから、事務所宛にファンレター1通しか出してない。。。)そういう意味で、気持ちを込めてメールを書く、というのは、今年やって良かったな~!と、思ったことでした。

 

なので来年2021年も、あんまり筆まめな方じゃないんですが……メールを書いていこうと思います!!

タイヤキジェット
あ、これメールのネタにしよう。って考えるのは、推しを身近に感じられて、楽しいですよ~(*´艸`*)