焚き火台に芋を放り込んでズボラな焼き芋を作ろう!!

タイヤキジェット(@JetTaiyaki_920)です。

 

タイヤキジェット
焚き火台に芋を投げ込んで、食後の甘味に焼き芋を作ろう!な記事です。

 

ズボラに焼き芋を作ろう!

レシピなんてものはありません。

タイヤキジェット
芋をアルミホイルでくるんで焚き火に投げ入れ、忘れた頃に取り出して食べる。それだけです。

だってズボラなんだもの。焚き火で暖を取りつつ、酒を飲みながら肉を焼いて、食材もお酒も尽きた頃に焼き芋の甘さでほんのりする。良くないですか?

食材を買うときに焼き芋の一つでも買っていけば良いのです。100円とかで買えるのでお手軽です。

表面だけ焼くと、中まで火が通らないですし、外は丸焦げになってしまうので、アルミホイルで包んでホイル焼きにします。そのへんで売っているもので大丈夫だと思います。こちらは1ロール50円の激安アルミホイルです。

あとは焚き火台に放り込んで、おしまいです。

 

スプーンなんかで、掬って食べるといいかも!

ちゃんと焼く時間とか、管理するような人であれば皮ごと食べちゃってもいいのかもしれませんが……

タイヤキジェット
なにせ、ズボラ焼き芋なので…………2時間半焚き火台に放置してました。

おかげで皮は焦げまくっているのですが、アルミホイルのおかげで中はホクホクの状態(*´∀`*)

 

というわけで、そのままかぶりつくと言うよりは、2つに割ってスプーンで掬って食べるという感じがいいですね。

ピントブレまくってますが……こんな具合に。残った皮は、焚き火台で燃やしちゃえば生ゴミも出なくていい感じでした。

バター、バニラアイスなんかを用意して、スイーツ感をアップさせても美味しいと思います(*´艸`*)

 

おしまい。

色々なものをホイル焼きしたいな~(*´∀`*)って気持ちになりました。鮭とか、玉ねぎとか。じゃがいもを焼いてじゃがバターなんてのもいいですね。キャンプ行きたくなってきた。

焚き火とアルミホイルで色々楽しめるので、オススメですよ~~(*´∀`*)